風呂敷の歴史の最近のブログ記事

みなさま、こんにちは。

京都の風呂敷製造・卸、山田繊維㈱の杉江です。

 

前回は、他者と衣服の間違いを防ぐために、布に家紋を入れ識別し、

この布で包んだことが、風呂敷と呼ぶ起源でないかとお話ししました。
室町時代の大名の事です。

庶民にとってはもちろん、入浴の習慣(今でいう蒸し風呂のようなもの)はありません。

 

江戸初期になりやっと、今でいう「銭湯」が誕生します。江戸だけでなく、

上方でも盛んになり始めたのは元禄期。

この時には庶民も衣類を包む布を持って、銭湯に出向いていたとされています。

風呂に敷く布で包むことから「風呂敷」と広く呼ばれるようになり、

包むための布として風呂敷の呼称は「風呂で敷く布」から
「包む布」として広まっていったと考えられます。

その包む布を広めていったのは行商人のようです。

 

この時代、江戸の三大呉服店として越後屋・白木屋、そして大丸があります。
大丸は江戸に店を構えますが、

画像2.jpg

元の出は上方です。江戸に行く際の荷運びには、丸に大の字のマークが入った風呂敷を使用。
マークを染め抜いた風呂敷を目立つように担ぎ、
道中の人達に大丸のマークを浸透させるとともに、
風呂敷も広く知れ渡りはじめたといえるのではないでしょうか。

庶民も日常で使っていることがわかります。


画像1.JPG
(大江戸日本橋絵巻「熙代勝覧」の世界より 講談社)

 

皆様も風呂敷で荷物を担ぎ、行商に行かれる方をテレビでみたことがあると思います。

昭和40年代後半頃にも見ることができ、受け継がれてきたスタイル。
確かに今は見られないかもしれません。

歴史は繰り返されるではありませんが、今日からでも日常でやってみては如何ですか?

 
 京都の風呂敷メーカー山田繊維㈱の杉江でした。
 

みなさま、こんにちは
京都の風呂敷製造・卸
山田繊維(株)の渡邊久志です。

 

【風呂敷の日】カウントダウン

 

後29日で 2月23日 223(つつみ)の日

これは 風呂敷のもつ価値を広く認識してもらおうと

「京都ふろしき会」が、「つ(2)つ(2)み(3)」の語呂から

2月23日を「風呂敷の日」と定めました。

 

ちょっと風呂敷の歴史を振り返って見ますと・・・・・。

布でものを包む起源は古くからありますが、

風呂場で脱いだ着物を包んだり、濡れた足を拭いたりする

本来の風呂敷の使われ形をするようになったのは

室町時代からといわれています。

 

江戸時代に入り、銭湯の発展とともに風呂敷が普及し、

広く庶民の間で日常的に使われるようになると。

商業の発展とともに屋号などを染め抜いた風呂敷で

商品を包むようにもなった。

 

特に、明治以降の織機技術の進歩によって、

さまざまな模様の風呂敷が安価に作られるようになると、

風呂敷は実用品だけでなく、贈答品としても幅広く使われるようになり。

 

泥棒の風呂敷イメージともいえる唐草文様の風呂敷も

明治末期から普及したものといわれています。

 

さて 現在の 売り場での 風呂敷はどのような 動きなのでしょう?

月別に枚数を 拾ってみました。

 

     神宮前 むす美 月別枚数表 (過去4年間集計)

 

Picture3.jpg 

※数量=大口ギフトは除いて有ります。

 風呂敷全体の流れと ほぼ同じで  NO1=3月 

 

ここで店頭での重要なポイント=持ち帰りギフト(個人ギフト)を

逃さない工夫が必要です。 

 

【在庫管理】

3月は通常月と比べ 約175%の数量確保が必用で 

売り逃しは 避けたいものです。

むす美では ピーク日=日計平均約60枚ですが 

ピーク 200枚近い持ち帰りとなります。

この為 売れ筋商品が 先に売れてしまう為 

その後の補充までのロスも避けたい

売り場の中で 在庫数量管理 この時期しっかり考えたいものです。

 

ワンポイントアドバイス ♪~

1ITEMの在庫数を極端に増やしますと 

ヨミを間違えた場合 不良在庫になってしまします。

そこで 売れ筋の類似品等を見極め 

全体ITEMでは無く シリーズの在高UPをお勧めします。 

 

またこの時期 風呂敷の日 と重なって 

いろんな処で 風呂敷講習会も開催されます

風呂敷講習会.jpg

当社 山田繊維株式会社 営業部では 

風呂敷講習会 の種類 プロ用として

■  風呂敷 歴史と包み方  講習会

■  風呂敷売れる売り場作り 講習会

■  風呂敷和文様      講習会

等の内容を その時々の注目項目の着眼を変え

各展示会等で 開催します。(別途受付もしております。)

受講されて 見てはいががでしょうか 

 

風呂敷を知っての 販売は いままでとは一味違いますよ。(^_^)/

是非お勧めします ※担当販売員までお尋ね下さい

京都の風呂敷メーカー
山田繊維(株)の渡邊久志でした。

 

みなさま、こんにちは。

京都の風呂敷製造・卸、山田繊維㈱の杉江です。

 

前回お話しした風呂敷の歴史の続きになりますが、
ちょっと振り返ってみます。

 

風呂はもともと蒸し風呂、イメージとしてはサウナのようなものでした。

 

画像2 サウナ.JPG

さてどのくらいの間隔で入っていたと思われますか?

 

身を清めるために行うものでしたので、妙心寺では、
4と9が付く日に沐浴がされていました。

4(死)、9(苦)から解き放たれるこの日に
されていたと推測されます。

 

また月に1度、「施浴」という看板が掛けられ、
一般にも浴室を開放していたとされています。

貧しい人々や病人、囚人らを対象に
施浴をしていた寺院もありました。

画像1 施浴.JPG 

この入浴も現在のようにハダカでなく、
白衣を着用し入ることが作法であったようです。

 

時を経て、室町時代の風呂も蒸し風呂でしたが、

将軍義満は大湯殿を建て、
ここに大名を招いたという記録が残されています。

 

入浴の際、他者の衣服と間違えないように

家紋が入った布で自分の衣服を包んだようです。

またこの布上で着衣を整えたといわれ、

一説に、この敷布を風呂敷と呼んだ起源とされています。

 

家紋が入っており、誰のものかすぐに識別できますが、

ここである疑問があります。

 

家紋が入った布上で着替える・・・

大切な布の家紋部分を踏んだり、
腰をおろし、着脱をしてなかったでしょうか?

家紋(家系)を汚すといった行為とも取れないでしょうか?

 

少し考えすぎかもしれません。

さて皆様はどう考えられますか?

 

京都の風呂敷メーカー山田繊維㈱の杉江でした。

みなさま、こんにちは。
京都の風呂敷製造・卸、山田繊維㈱の杉江です。
 
今日は風呂敷のはじまり、
どこからといったことをご紹介したいと思います。
営業ネタとして使えるかどうかわかりませんが、
どうぞ宜しくお願いいたします。
 
「風呂敷」という漢字からみると、「お風呂」に関係有り?と
考える方もいるはず。
また風呂敷は当然、物を包む布でしょうと
答える方もいると思います。 
確かにこれが由来、起源といった説は種々あります。そのなかで
 
・「物を包む」の語源からみると・・・
風呂敷の歴史は古く、物を包むといった風習は
いつの頃から使われていたかの明白にはわかりません。
しかし奈良時代には物を包む風習はすでにあったといわれています。
 
奈良にある正倉院には時代を象徴する宝物が多く所蔵されております。

正倉院写真1.JPG 
この時代にはもちろん、綿素材は有りません。
絹はありましたが高価なものであり、
天皇でさえ用いることはほとんどなかったとされています。

この頃の「布」とは麻、多年草の草を織ったものを指しています。
これらが宝物を包む布として使われました。
「風呂敷」の原型といえる布でしょう。
 
現在、毎年1度奈良国立博物館にて正倉院展が開催されます。
こういったものも展示されていますので
是非ご覧になられてはいかがでしょうか
 
 
・「お風呂」の語源からみると・・・
現在のように湯舟に浸かるという風習は、
もっと後の時代になってからです。
もともとは蒸し風呂、
イメージすればサウナのようなものでしょうか。
一般庶民が入るようなものではありませんでした。。
僧侶の寺院の施浴がはじまりとされています。
 
「沐浴潔斎」とよばれ、仏門に仕えるものが身の汚れを落し、
清めることが大切なことであるという所以で
お風呂に入っていたとされていますが、
毎日することはありませんでした。
また寺院の施浴は庶民の楽しみにもなっていることもありました。
後の平安時代末期の銭湯のはしりといえるかもしれません。
 
今でも浴室として残っている建物は、重要文化財に指定されており、
京都には大徳寺・東福寺・妙心寺といった寺院などがあります。

 


妙心寺 浴室 外観写真2.JPG

 

 

 

 

妙心寺 浴室 開浴写真4.JPG

 

 

 

妙心寺 浴室 内部写真3.JPG

歴史はちょっと苦手と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
今後出来る限りわかりやすく、
すぐにでもトークとして使えそうなものにしたいと思います。
  
 京都の風呂敷メーカー山田繊維㈱の杉江でした。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち風呂敷の歴史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは風呂敷に関する話です。

次のカテゴリは風呂敷用語集です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。