オリジナル風呂敷、バリエーションはとりたいが、コストが...というお客様はこちら!

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさま、こんにちは。
京都の風呂敷製造・卸、山田繊維の安藤です。

今回のオリジナル風呂敷製作事例は、
カラーバリエーションについてです。

一般的に、当社でオリジナル風呂敷を製作させて頂く際には
捺染と云う染色技法で行います。

この染色方法では、
1色に付き、1枚の染色用の型が最低限必要となり、
オリジナル風呂敷を5色でデザイン構成されている場合には、
風呂敷本体に5型分の型代が初期コストとして掛かります。
※但し、デザインによっては、
色数+αの型が必要な場合も御座います。

オリジナルでお考えの際に、
バリエーションはとりたいが、コストが、、、、
イベントなどで継続的に風呂敷を使いたいが、
毎回イメージを変えたい、、、、

と、云うお客様にはカラーバリエーションをお勧めしています。

季節やイベントの内容に併せたカラー変更。
同じデザインでも色を変えるだけで
イメージががらっとかわります。

今回は判り易く 単色デザインのご参考例をです。

写真2.jpg


写真.JPG


写真3.jpg

この様に、シンプルな単色デザインでも
非常に展開の幅がでますので
オリジナル風呂敷をお考えの際のアイデアにご参照ください。

京都の風呂敷メーカー・卸 山田繊維 の安藤でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ymds.co.jp/mtos/mt-tb.cgi/126

コメントする

このブログ記事について

このページは、yamadaが2012年1月11日 08:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「卒業式・成人式のバッグ選び。いちごバッグはいかがですか?」です。

次のブログ記事は「売れるディスプレイ紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。