風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > スタッフブログ > 文様のいわれ 4.13ブログ サクラの謂れ

スタッフブログ

月刊アーカイブ
検索

このブログを購読

スタッフブログ

2016/4/15|その他ブログ文様のいわれ歴史用語集

4.13ブログ サクラの謂れ

みなさま、こんにちは。
 
 京都の風呂敷製造・卸、山田繊維(株)の杉江です。



 
  都内ではサクラも散り始めている所が多いですが、
 
 桜前線は北上しており、これからの開花が待ち望まれる地域もありますね。




 sugie.2016.04gazou.001.jpg


 
 
  今では花といえば、「サクラ」と答える方が多いです。
 
 その昔奈良時代では、「梅」のことを指していたと残されています。


 
 時代が進み国風文化が育った平安期になり、サクラを指すようになったといわれています。
 


 そのサクラも「死霊の宿る木」、秀吉にいたっては吉野でした花見は亡くなった人々への
 
弔いの儀式であったそうです。
 
 世間一般に知れ渡るのはさらに時代を経た江戸中期頃。この時期から出始めた国文学者たちに依るといわれ、
 
また夜桜見物といった風習もこの頃から始まったのではとされています。
 



  桜花が装飾文様として広く用いられ始めたのは江戸時代からですが、
 
 家紋として使われることは多くありませんでした。


 
 
sugie.2016.04gazou.002.jpg



 
  一説に武士の家系では桜の散り際の潔さを愛おしながらも、パッと散ることは縁起が悪く、
 
 敬遠していたという点から避けたとも言われます。



 
  この桜が神社の神紋として使われているところとして、神戸の生田神社・京都の平野神社などがあります。


 
 平野神社では4月下旬~5月初旬のGWにかけて咲くサクラもあるようです。
 
 まだ花見をしていない、もう一度花見で宴会をしたいという方、今からでも遅くありません。
 


 春のお楽しみ行事にお出かけしましょう。



 
 京都の風呂敷メーカー、山田繊維(株)の杉江でした。
 

カテゴリ : その他ブログ文様のいわれ歴史用語集
タグ : . gazou. 京都風呂敷メーカー. 桜. 風呂敷山田繊維

トラックバック(0)
トラックバックURL : https://www.ymds.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1028

コメントする


想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積もり、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-2260120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:川城(カワシロ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら