風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > スタッフブログ > 文様のいわれ 唐草文様について

スタッフブログ

月刊アーカイブ
検索

このブログを購読

スタッフブログ

2012/3/30|文様のいわれ

唐草文様について

みなさま、こんにちは。
京都の風呂敷製造、卸の山田繊維㈱青山です。
 
今回は「唐草」文様についてご紹介させて頂きます。
 karakusa101.jpg
京唐草シリーズ

唐草文様とはギリシアの神殿などの遺跡でアカイア式円柱などに見られる草の文様が
唐草文様の原型であり、メソポタミアやエジプトから各地に伝播したと考えられています。
日本にはシルクロード経由で中国から伝わったとされています。
 
アラブ諸国ではモスクの装飾としてよく用いらます。
そのためヨーロッパでは「アラベスク(アラブ風の)」と呼ばれています。
日本では、緑地に白の唐草模様の風呂敷はなじみ深く、獅子舞のかぶり物として使われるとともに、
漫画やコントの中では泥棒の小道具としての印象もあります。

唐草文様は蔓草の茎や葉が絡み合って曲線を描く文様です。
 
生命力が強く途切れることなく蔓をのばしていくことから「繁栄・長寿」などの
意味があり、縁起のいい文様なのですが、もう少し詳しく説明したいと思い
ます。
 
蔓(つる)は音読みではマンなので「万」と読み替えて、それが帯のようにつら
なっていることから帯を音読みでタイ、タイを「代」と読み替えますと「万代」と
読めます。
 
要するに一族の万代の繁栄、長寿の意味を持ちます。
 
そのため唐草は大変好まれたようで、昔は唐草模様の風呂敷が各家にあ
ったようです。
 
泥棒が唐草模様の風呂敷を担いでいるというのは、空き巣に入った際に唐
草柄の風呂敷がどの家にもあるので、それをまず探して、その風呂敷に盗
むものを包んで逃げたからだと言われています。
 karakusa104.jpg
「唐草」が縁起がいい柄、泥棒が使う風呂敷、の知識が多少なりとも深まれば幸いです。
 
京都の風呂敷メーカー、山田繊維㈱の青山でした。
 

カテゴリ : 文様のいわれ
タグ : ふろしき唐草文様風呂敷

トラックバック(0)
トラックバックURL : http://www.ymds.co.jp/admin/mt-tb.cgi/245

コメントする


想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積もり、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-2260120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:川城(カワシロ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら