風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > 活用事例 > 神保町いちのいち 池袋店 様

神保町いちのいち 池袋店様

 神保町いちのいち 池袋店
内装を梅柄づくしに。カフェとのコラボも大人気。
【目的】イベント「五月乙女」にて定番商品の販売
【商品】kata kataむすび / 伊砂文様 / 竹久夢二
「五月乙女」~乙女のための雑貨と喫茶~
神保町いちのいち様が定期的に行っているイベント 「五月乙女」にコラボさせていただきました。2019年5月に開催され、むす美の伊砂文様「梅」が「令和」の関係性もあったためご依頼いただきました。
 神保町いちのいち 池袋店

"2019年5月1日(水)~5月31日(金)、池袋店にて「五月乙女(さつきおとめ)~乙女のための雑貨と喫茶~」と題して、乙女気分満載の雑貨やお菓子が勢ぞろい!カフェ「神保町いちのいちノおふくわけ」では 「喫茶 五月乙女」を開催します。スペシャルドリンクメニューを飲んで、池袋で乙女気分になっちゃおう♪"

 神保町いちのいち 池袋店
各柄ごとに包み方を変え様々な包み方をご覧いただけるようにしました。  神保町いちのいち 池袋店 神保町いちのいち様に併設されているカフェのディスプレイを「梅」づくしに。
なんと、ラテアートも伊砂文様に!!
これにはテンションがあがりました。
 神保町いちのいち 池袋店
カフェスペースでお茶を飲みながら、風呂敷を眺めていただけます。
 神保町いちのいち 池袋店
ふろしきは軽いので、「平置き」だけでなく、テグスを使い空間全体をつかっていろんなディスプレイが出来ます。 今回は、むす美でもよく使用される「吊るしのディスプレイ」も提案。外からも目立っておすすめです。
ワークショップも開催
 神保町いちのいち 池袋店 カフェの横で「ふろしきの包み方」ワークショップも開催しました。 予約もたくさんいただき、「再度開催してほしい」という声を多くいただいたとうかがいました。
山田繊維担当より
閉店後一時間の間の作業で進めさせていただきましたが、事前準備のテグス等を用意していた為スムーズに進めさせていただきました。もともとおしゃれな空間になっているので、実際にふろしきを店頭で並べてみるとさらに見ごたえあるものになり、大満足です。
普段「風呂敷」が身近には無い方にも、こちらのイベントでくつろいだ状態で眺めてただくことで「デザインが面白いな」「こんな包み方ができるんだ」と面白さを再認識していただけたかと思います。

担当:東京支社 / 浅埜
神保町いちのいち 池袋店
【事業内容】雑貨販売・カフェ運営
【住所】〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店内書籍館1階
【TEL】03-6894-1202

想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積り、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:余力(ヨリキ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら

ページの先頭へ戻る

〒604-0031京都市中京区新町通二条南入ル TEL.0120-243-226