風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > 会社概要 > CSR取り組み一覧 > むす美サスティナブルプロジェクト

むす美サスティナブルプロジェクト

MUSUBI Sustainable Project
むす美サスティナブルプロジェクト

むす美サスティナブルプロジェクト

SDGsを推進するふろしきブランドむす美が、
商品の製造工程で出る端材や、様々な理由から販売することが出来なくなったふろしきの
有効利用に取り組むプロジェクトです。
むす美サスティナブルプロジェクト

取り組み一覧



むす美サスティナブルプロジェクト

01.
端材や不合格品を活用した商品開発

厳しい基準をクリアできずに販売できなかった、でも使用するには問題の無いふろしきを作り替え、新たに命を吹き込みます。再利用とはいえ「商品として成立する」ために常に開発会議でアイデアを出し合い、商品化を目指しています。

サスティナブルプロジェクト第1回目の「ふろしきポケット」は、「便利かつおしゃれ」という視点で、各マーケットからたくさんご注文をいただき大好評でした。 ※不合格品の数量にも限りがあるので、常に限定枚数の商品となります。

02.
MOTTAINAIセール

毎年2月23日(つつみの日)に、むす美店舗にて不合格品の風呂敷を「MOTTAINAI価格」で販売をしています。毎回店内が混雑するほど楽しみにしていただいているお客様もいます。
不合格品だからといって廃棄することなく、現品を見て納得した上で買って使っていただく、サスティナブルな活動です。
むす美サスティナブルプロジェクト
むす美サスティナブルプロジェクト

03.
講習会での再利用

「ふろしきを1人でも多くの人に日常に取り入れていただく」ために教育機関や企業研修にて「ふろしき講習会」を承っています。その活動自体もサスティナブルであると同時に、講習会で包み方を練習をするためにも不合格品を活用しています。

04.
障害者授産所でのリユース

2020年から京都市北区の紫野障害者授産所(障がいや難病など一般企業への就職が困難な方に就労のサポートをする事業所) 「さくさく工房」様での雑貨製作の資材として、むす美のふろしきの不合格品、端材を提供させていただいています。「色鮮やかで、多種多様な生地を使えて楽しい」と言っていただいています。

※写真:A.ふろしき生地のブローチに刺繍、B.めがねケース C.マスクケース
むす美サスティナブルプロジェクト

包み方を調べる

包み方はこちらから確認いただけます。本は一冊あると便利で風呂敷とセットでの贈り物にも喜ばれます。

お役立ち販促ツール

販売促進に繋げるためのツールをご用意しております。詳細はこちらからご相談ください。
ディスプレイ事例

事例一覧

カタログダウンロード

カタログ
ダウンロード

販促pop・リーフ

販促POP・リーフ

風呂敷豆知識

「感動する」
風呂敷豆知識

「商品を提案してほしい」「ディスプレイについて詳しく知りたい」など お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

〒604-0031京都市中京区新町通二条南入ル TEL.0120-243-226