風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > 活用事例 > お客様の声 京・洋菓子司 一善や様

お客様の声

京・洋菓子司 一善や

http://www.ichizenya.jp/

京都の「心を包む」文化 その感性の集合体の1つが風呂敷 日本人が作る洋菓 まごころとひと手間を結んでおられます。

京・洋菓子司 一善や

株式会社リュー・ドゥ・リュー様

設立
1993年 11月
事業内容
洋菓子司(洋菓子製造・卸/小売業)
所在地
京都市左京区北白川京都造形大西入ル疎水角

京・洋菓子司 一善や様

どういった用途で風呂敷を使われているのですか?
10年ほど前から“御進物用の焼き菓子”は、すべて風呂敷でお包みした状態で販売しています。商品=「風呂敷込み」ということです。
オーナー&パティシエ・中村様
オーナー&パティシエ・中村様
焼き菓子詰め合わせ
焼き菓子詰め合わせ
風呂敷を使われるようになったきっかけをお聞かせください。

輸入物のフランス菓子ではなく「京の食文化を受け継ぐ洋菓子づくり」「日本人が作る洋菓子」を追求したいと「一善や」をはじめました。茶道の「もてなしの心」に学び“シンプル”“季節感”“素材を活かす”をモットーに、自分らしい洋菓子の世界を表現したいと思ったのです。

京都の“おつかいもの”は、「心を包む」文化。「京都」という土地柄、お客様からの期待も大きく箱・熨斗・包装などすべてにこだわりが必要でした。そんなとき“心を包む”という言葉そのものの「風呂敷」に惹かれ、使いたいと思いました。
使用方法など工夫された点などお聞かせください。
導入した頃は、シンプルな包み方でしたが、その後 女性の営業担当の方に 「花包みのアレンジ」をいくつかご提案していただきました。
それがとても好評で、ポリエステル素材の柔らかさを活かした包み方に組ひもをプラスして、弊社ならではの結び方にしています。
四季のある日本ですから、春は風呂敷を桜の柄にするなど、季節感を出すことも心がけています。
風呂敷を起用したことによる効果や、反響は如何ですか?
格段に良い!です。
お歳暮、お中元に留まらず、結婚式の引菓子、周年記念など、個人のお客様から企業様まで幅広くご注文を頂いています。
「こんなことをしている面白い店が京都にある」という口コミで思いがけないご遠方からもご支持を頂き、リピートのお客様も多く喜んでおります。
焼き菓子詰め合わせのラッピング
焼き菓子詰め合わせのラッピング
このウサギのデザインは御自身でデザインされたのですか?
スピーディーに対応して頂いています。これからも、常に新しい挑戦をしていきたいので弊社にあった商品や包み方を積極的にご提案くださることを期待しています。

 

想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積り、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-2260120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:川城(カワシロ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら