風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > 新着情報 > メディア 日経新聞 日曜版「The STYLE」に「和でつつむ/ふろしき」掲載

新着情報

2020/11/ 2|メディア

日経新聞 日曜版「The STYLE」に「和でつつむ/ふろしき」掲載


11月1日 の 日経新聞 日曜版
「Nikkei The STYLE」にて
3ページの特集「和でつつむ」で“ふろしき”が掲載されました。


「和でつつむ」-----。
脱プラスティックの波が、日本古来のふろしきや紙の用途を広げ進化している。
世界のサスティナブル(持続可能)社会を後押しし「美」という彩りも添えている。

と、紙面より。
20201101183441_00003+++ - A.jpg


下は、東京神宮前の むす美東京店でのワークショップ風景。
コロナ禍の今ではありますが、
人数制限をかけながらも再開。7月のレジ袋有料化がスタートした今も 毎回定員越えの人気ぶり。


20201101183441_00005+++ - コピー.jpg




20201101183441_00006+++ - コピー.jpg

7月1日のレジン袋有料化とともに、これまで使ったことない若い世代にもふろしき新ユーザーは広がりを見せています。

実は、それと同じようなことが遠くパリでも起こっています。

新聞にも書かれているが、
パリに2店舗を構える創作菓子店 「La maison du MOCHI」では、菓子を包むサービスでふろしきを採用。
ふろしきを知らなかったパリの人たちの間でも「furoshiki」という言葉が少しづつ認識され始めているのです。

オーナーからは
「Ecoと美しさを両立していることにパリの人たちは魅了されている。」
「私は、包むことで贈り物が中身を越えた別のものに変わることが気に入っている。」と。


1枚の四角い布「ふろしき」が語りかけてくれるメッセージは、 
コロナ禍の今というタイミングで、
国や世代を超えて届き始めていること実感します。

来週には、電子版も更新されるようです。
是非ご覧ください。






想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積もり、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-2260120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:川城(カワシロ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら