ふろしき・和雑貨の山田繊維 HOME > 会社概要 > CSR

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

SDGs導入の取り組み

山田繊維は様々な活動を通じて、
2015年に国連にて採択された2030年までの国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)に貢献します。
地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるよう、
以下の具体的な取り組みを通じてSDGsの達成に積極的に活動を続けていきます。
CSR 企業責任 SDGs

社会・経済分野

CSR 企業責任 SDGs
01. 障がいのある方たちのアーティスト活動支援
障がいのある方たちによるアート作品を社会に発信し、アーティストの支援、紹介を行う3団体「天才アートKYOTO」「Able Art Company」「アートビリティ」とむす美がコラボ レーションし、エネルギーあふれるふろしきが誕生しました。
【関連商品】 アール・ブリュット

天才アート

Able Art Company

アートビリティ

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

MOTTAINAIキャンペーン ワンガリ・マータイ
02. MOTTAINAIキャンペーンに参加
環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんが提唱した、環境を守る世界共通語「MOTTAINAI」。 そのMOTTAINAIの心を「ふろしき」にしました。 (売上の一部はワンガリ・マータイさんが始めた植林活動「グリーンベルト運動」に寄付されます。)
【関連商品】 MOTTAINAI
MOTTAINAI
MOTTAINAIキャンペーン
ケニア出身の女性環境保護活動家ワンガリ・マータイ氏がをスタートさせた活動。地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す活動を行っています。

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

環境分野

オーガニックコットン商品の開発
01. オーガニックコットン商品の開発
厳格な基準を守って栽培されたオーガニックコットン100%の生地を使って、ふろしきを作りました。多用途で再利用可能なラッピングとしても使われるふろしきは、エコ意識の高いお客様からも支持を得ています。エコ意識がさらに高まる中、素材の背景にもこだわり、いっそう人・環境に優しくなりました。環境保全のために一歩踏み出すきっかけとなればという想いが込められています。
【関連商品】MUSUBI ORGANICひめむすびミナペルホネンオーガニック
オーガニックコットン
オーガニックコットン
有機栽培であることに加え、公正な価格での取引や、児童労働や栽培農園の健康被害が無いように配慮しているなど、フェアトレードであることもオーガニックコットンの認証条件に含まれております。

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

PP包装から紙帯に
02. PP包装から紙帯に
使用済みプラスチック製品や資材が海に流れ着き分解されず環境問題となっています。山田繊維は環境に配慮し、むす美の商品のパッケージを順次PP包装(プラスチック袋)から紙帯に変えております。
【関連商品】MUSUBI ORGANIC伊砂文様104katakataコチャエ

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

エコポイント実施
03. 直営店舗でエコポイント実施
直営店舗では環境に配慮して、「手提げ袋不要」のお客様に「エコポイント」をプレゼントしております。ポイントがたまれば、刺繍名入れ無料などのサービスが受けられます。これからも、むす美とお客様との参加型の環境を意識した活動を続けていきます。

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

エコポイント実施
04. ふろしきの普及活動
使い捨ての包装資材が深刻な環境問題へとつながる今、「エコフレンドリー」としてのふろしきが見直されています。 ECOでサスティナブルなふろしきを次世代に継承し続けるため、店舗内はもちろん、企業や教育機関にてワークショップを行い「ふろしきの歴史」や「活用方法」を伝え続けていきます。「ふろしき」文化を通じて、地球にも人にも優しい暮らしを提案し、心豊かな社会を目指します。

CSR 企業責任 SDGs

CSR 企業責任 SDGs

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。