風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > スタッフブログ > 風呂敷活用(使用)事例 ふろしきの魅力を伝えるコツ

スタッフブログ

月刊アーカイブ
検索

このブログを購読

スタッフブログ

2020/5/14|おすすめ 風呂敷・包み方ふろしき講習会包装・ラッピング風呂敷使用例風呂敷活用(使用)事例

ふろしきの魅力を伝えるコツ

こんにちは!
京都の風呂敷メーカー 山田繊維㈱ むす美京都 スタッフの東です。


 
『ふろしきってとても便利でエコなアイテム』
 
よく耳にする言葉ですが、
言葉だけではなかなか伝わらないふろしきの魅力。
 
「ふろしき」って普段使っている人にとってはその便利さが当たり前の事でも、
初心者にはちょっとハードルが高く感じたりするもの。
 
1300年も前から使われたきた日本の伝統文化ゆえ、
「今の時代にはちょっと…」
「興味はあるけど使い方がなぁ…」
そう感じておられる方も多いですよね!
 
 
そこで、店舗でお客様と直に接する私たちが大切にしていること。
 
① 一目見て伝わるふろしき活用法
② ふろしきを使う楽しさを体感
 
です。
 
「① 一目見て伝わるふろしき活用法」とは、店舗ディスプレイです。

h2020.5.14.001.jpg
 
 
バッグやクッションカバー、ティッシュボックスカバーやラッピングなど、
現代の日常生活の中でのふろしき活用シーンを店内にたくさん飾っています!


h2020.5.14.002.jpg
 
 
「このバッグかわいい!」
「え!これ一枚でラッピングできるの!?」
 
昔は「物を包んで持ち運んでいた」ふろしきが、
インテリアクロスやファッションアイテムとしても使える!
ディスプレイを通じてそれが伝わると、ふろしきを使うことのハードルがグッと下がります♪
 
時には傘やキャリーケースなどの小道具も使い、
使用イメージをド~ン!と膨らませていただきます。

 
h2020.5.14.003.jpg


こちらは観光シーズンのディスプレイにオススメ!
沢山のお土産も、ふろしきにまとめてキャリーケースと一体化させると手荷物が減ります。
 
まさに
『ふろしきってとても便利でエコなアイテム』。
ひっかけ結びの方法はこちら

 
そして実際にお客様にデモンストレーションさせていただきながら、
「② ふろしきを使う楽しさを体感」していただきます。

h2020.5.14.004.jpg

これとっても重要です!
 
1枚の四角い布が、手先を使って形が徐々に作られていく。
完成するまでのプロセスを目と身体を使って体感する。
 
それが
「楽しい!
「使ってみたい!!」
「誰かに教えたい!!!」
とふろしきの魅力を感じるきっかけとなり、よりふろしきを使うことに対するハードルがグググ~っと下がります♪♪
 
 
ディスプレイのポイントやキレイに包むためのコツなど、
いつでも店舗へお問合せください☆
 
そして、店舗を運営されている皆様も、
ぜひむす美にて「ふろしきを使う楽しさ」を体感しに来てくださいね!
 
 


京都の風呂敷メーカー 山田繊維㈱ むす美京都 スタッフの東でした!
 
★You tubeでHOW TO動画始めました!チャンネル登録もぜひ★
★instagramもございます★
 
 

カテゴリ : おすすめ 風呂敷・包み方ふろしき講習会包装・ラッピング風呂敷使用例風呂敷活用(使用)事例
タグ : . 京都.FUROSHIKI.kyoto.musubi.山田繊維.風呂敷むす美

トラックバック(0)
トラックバックURL : http://www.ymds.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1472

コメントする


想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積もり、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-2260120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:川城(カワシロ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら