風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > スタッフブログ > 文様のいわれ > ちどりは夏のイメージ?

スタッフブログ

検索

このブログを購読

スタッフブログ

2017/6/19|おすすめ 風呂敷・包み方その他ブログよくある質問文様のいわれ歴史用語集

ちどりは夏のイメージ?

みなさま、こんにちは。
 
京都の風呂敷製造・卸の山田繊維(株)杉江です。




 
 夏の暑い日が続くのも嫌ですが、この時期に降り続く雨、
 
じめっととした梅雨はもっと嫌ですね。
 
 今回は動物を家紋にしたものをご紹介します。
 
季節を勘違いしてしまうかな?と思われる1つに「ちどり」が挙げられます。




sugie.2017.06gazou.001.jpg
(丸に千鳥紋)
 


 ちどりは特定の鳥類を指す言葉ではありません。水辺に生息する小型の鳥のことを指しています。
 
たくさんいて、群れをなして飛ぶことから「千鳥」と呼ばれるようになったと言われます。
 
平安時代には衣服にも用いられ、文様としては江戸時代に確立されたとされています。
 
デザインとしては波(浪)と組み合わせたものが多く見受けられます。




sugie.2017.06gazou.002.jpg
(二巾レーヨンちりめんこよみ・波に千鳥)



sugie.2017.06gazou.003.jpg
(ガーゼ手拭い・千鳥)


 
上記は弊社商品の千鳥柄で、夏をイメージした雰囲気があります。
 
 このちどり、俳句の世界では冬の季語として使われているそうです。
 
私も知りませんでしたので少し賢くなった気がします。






 
京都の風呂敷メーカー、山田繊維(株)の杉江でした。

カテゴリ : おすすめ 風呂敷・包み方その他ブログよくある質問文様のいわれ歴史用語集
タグ : . ふろしき. 京都風呂敷メーカー. 千鳥. 文様. 画像山田繊維

トラックバック(0)
トラックバックURL : http://www.ymds.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1179

コメントする


想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積り、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:余力(ヨリキ)