風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > スタッフブログ > おすすめ 風呂敷・包み方 デザインができるまで 「ひめむすび Adeline Klam」

スタッフブログ

月刊アーカイブ
検索

このブログを購読

スタッフブログ

2020/6/22|おすすめ 風呂敷・包み方海外情報開発秘話風呂敷使用例風呂敷活用(使用)事例

デザインができるまで 「ひめむすび Adeline Klam」

みなさま こんにちは!
 京都の風呂敷メーカー 山田繊維(株) 開発部 河村です。


今回ご紹介する商品は、ひめむすび Adeline Klam(アデリーヌ・クラム) です。
むす美としては初めて海外デザイナーとのコラボレーションを行ったシリーズです。
 
アデリーヌ・クラムってどんな人?
日本の友禅紙を独自の配色でプロデュースしたり、和紙を使った手作りキット、インテリアオブジェを提案・販売するパリ在住のデザイナーで、折り紙や和紙の本を何冊も フランスで 出版されています。
 
アデリーヌさんの本

 
また、パリにある彼女のお店ではむす美のふろしきも取り扱って頂いていて、私たちにとってはお客様でもあります。

1-ade.jpg
  
 
誰もが魅了される色彩感覚  
私たちが彼女について注目していたのは、彼女が配色をして作っている友禅紙の色彩の美しさでした。新たな配色が加わることで、見慣れた文様が見事に変身しているのを見ていて、いつか一緒になにか出来ないかと模作していたのです。  
 
アデリーヌさんが販売している千代紙

 
 
新たな組み合わせに試行錯誤
日本の伝統的なデザインとフランスの独特な色彩感覚を活かした商品開発は、お互いの感覚の違いを擦り合わせながら、修正の連続でした。
 
鶴の場合
50cmのラインナップにある鶴は、今回最もやり直しをしたデザインの一つです。下記はその変遷をかいつまんだものですが、様々な鶴を経て今のデザインになりました。日本人の考える鶴とフランス側が考えるかわいい鳥のイメージを組み合わせ、ふろしきとして包んだ時の見え方も考慮しながらながら、今までにない鶴のデザインを作り上げていきました。

2-furo.jpg
 
ちなみに完成した鶴はコチラ

随分変化しましたね。
 
さて、次回は ひめむすび Adeline Klam の中から、また別のデザインについてお話しします。
 
ひめむすび Adeline Klam 商品ページはコチラ

 
ひめむすび Adeline Klam  アクアドロップもあります。

 
それでは、京都の風呂敷メーカー 山田繊維(株) 開発部 河村 でした。
 
 

カテゴリ : おすすめ 風呂敷・包み方海外情報開発秘話風呂敷使用例風呂敷活用(使用)事例
タグ :

トラックバック(0)
トラックバックURL : http://www.ymds.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1490

コメントする


想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積もり、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-2260120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:川城(カワシロ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら