風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > スタッフブログ > 風呂敷使用例 梅雨に備えて、新しくなったアクアドロップふろしきのご紹介

スタッフブログ

月刊アーカイブ
検索

このブログを購読

スタッフブログ

2020/5/11|包装・ラッピング開発秘話風呂敷使用例

梅雨に備えて、新しくなったアクアドロップふろしきのご紹介

みなさま  こんにちは!
京都の風呂敷メーカー 山田繊維(株)開発部の河村です。


ゴールデンウィークは外出自粛を守り、久しぶりにギターを弾いてみたりしながら、
しっかり自宅で過ごしました。みなさんは、どんなおうち時間を過ごされましたでしょうか?
 
外出自粛、営業自粛も少しづつ緩和ムードですが、もうすぐ梅雨が近づいてきますね。
梅雨の時期に人気のふろしきと言えば、雨の日にも使える撥水加工ふろしきアクアドロップです。

アクアドロップは、ざっと上げてみてもご覧の通り、様々な用途に使える優れもので丈夫で軽く、
洗濯出来る事からも社員使用率No.1です。

 
画像.jpg


 
そんなアクアドロップですが、前回の2月/3月の展示会で発表した通り、生地が変わりました!
進化した新しいアクアドロップはお客様の反応もすこぶる良く、ますます人気に拍車がかかると思われます。

生地を変えた事による良い点は、、、
 
1. 触り心地が良くなった。
    今までのゴワゴワした触り心地がさらさらとした触り心地になってガサガサ音も鳴りにくくなりました。
 

2. 薄くなった。
    今までより細い糸で織られた生地なので、薄くなり、折り畳んでバッグにしまう際もかさばりにくくなりました。
    薄くなっても糸の密度がUPしているので、撥水性能は変わりません。
 

3. 水切れが良くなった。
    提携工場との研究開発によって、激しい雨に降られた後でも、ふろしきをバサバサと振るだけで水滴が離れるので、
    使用後すぐに収納できます。
 

4. パッケージが紙製に変わりました。
    SDGsへの貢献の為、プラスチック資材の削減を進めており、アクアドロップのパッケージをPP袋から
    紙の帯パッケージに変更致しました。素材の変更だけではなく、お客様が役立つ使用例や包み方など
    たくさんの情報が掲載されているのも特徴です。
 
アクアドロップは全部で15種類。お使いになるシーンや好みあわせてお選び頂けますので、是非手に取ってみてください。
ロゴ入れやオリジナルデザインも可能ですので、ご入用の際はお気軽にお問い合わせください。
 
アクアドロップ全ラインナップ

 
以上、京都の風呂敷メーカー 山田繊維(株)開発部の河村でしたー。

カテゴリ : 包装・ラッピング開発秘話風呂敷使用例
タグ :

トラックバック(0)
トラックバックURL : http://www.ymds.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1467

コメントする


想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積もり、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-2260120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:川城(カワシロ)

  • お問合せ・お見積り
  • 風呂敷商品資料請求
  • 個人のお客様はこちら