風呂敷・和雑貨の山田繊維 HOME > スタッフブログ > カタログ > 開発部のカタログ撮影秘話

スタッフブログ

検索

このブログを購読

スタッフブログ

2017/9/28|おすすめ 風呂敷・包み方カタログ売れるディスプレイ開発秘話風呂敷使用例風呂敷活用(使用)事例

開発部のカタログ撮影秘話

みなさまこんにちは。
 
3年目にしてこちらのスタッフブログは初です。はじめまして。
それまではアメブロを主に担当していました。これからは兼任、というかたちで。^^
 
みなさまむす美展「包むデザイン」はチェックいただけましたでしょうか。
かわいいもの、おもしろいもの、上品なもの、おめでたいもの。。
今回も様々なふろしきが発表となりました。

小2017.9_5861.jpg

こちらはmina perhonenさんとのコラボレーション商品「ちょうむすび」のウール素材のふろしき。
 
小2017.9_5955.jpg

京都展では社長力作のふろしきツリーが。全長6m!

小IMG_6120.jpg

小IMG_6124.jpg

東京展も大盛況でした。お越しいただきましたみなさまありがとうございました。
開発部では企画はもちろん、パッケージや商品撮影も行っています。
今回のカタログ(SP)も石原が作成しました。もちろん撮影も弊社で全て行いました。
今回は撮影総数ボツも含めて4000枚!!!!カメラマンさんにしてみれば少ない方ですよね。
約1ヶ月毎日撮影しては編集、の日々。
 
9月展ということで今回は秋~冬にむけてのシーズンものもございます。
ちょうむすびシリーズの100 ミナ ペルホネン ウール―。

ミナウール―_3382.jpg
 
こちら8月の猛暑真っただ中に撮影を行いました。
ふろしきは通年でお使いいただけるよう、撮影モデルさんには長袖または七分袖のものをお願いしています。
ウール―は特に冬を意識したイメージだったので少し厚着で。おつかれさまでした!
 
この撮影モデルさん、というのはむす美 京都のスタッフなんです。(これまでお店がなかったころは
私の友人にモデルをお願いして土日返上で撮影したものです。。大変だった。)
 
お店のある三条界隈を歩きながら商品にあった背景をみつけては撮影。
太陽の降り注ぐ中、暑い暑い言いながらの撮影でした。
 
私の撮影スタイルはアームカバーに帽子は必須。カメラの画面をみるのにも(反射しちゃうので)帽子は欠かせません。笑

スクリーンショット (3).png
 
 
外はもちろん中での撮影もあります。
 
ハレ包み_4808.jpg

こちらは70 ハレ包み。松竹梅のふろしきを敷いてお重は片身替りで瓶は市松で包むという構成。
 
お重箱に色鮮やかなちらし寿司を詰めます。

スクリーンショット (4).png
 
しかしこのお重かなり大きい。。ラップでかさまし!
市販のちらし寿司を1.5個詰めました。いいかんじに海老、いくらなど敷き詰めます。
 
スクリーンショット (2).png
 
いろんなカットで撮影を試みてはチェック。最後は美味しくいただきました。笑
 
そんなこんなで様々なシーンを想定してたくさん撮影し、中でも選りすぐりのものをカタログに掲載しました。
ぜひじっくりご覧いただき、「ふろしきってこんなふうにも使えるんだなあ」と思っていただけると幸いです。
 
それではまた。
 

カテゴリ : おすすめ 風呂敷・包み方カタログ売れるディスプレイ開発秘話風呂敷使用例風呂敷活用(使用)事例
タグ :

トラックバック(0)
トラックバックURL : http://www.ymds.co.jp/admin/mt-tb.cgi/1229

コメントする


想いを包む風呂敷・オリジナル製造のことなら京都のふろしきメーカー山田繊維におまかせください。

風呂敷のオリジナル製造・風呂敷のご注文お受けいたします。お問合せ・お見積り、資料請求はお気軽にお申し付けください。

Tel:0120-243-226(ふじさんつつむ)受付時間:9:00~17:30(平日のみ) 担当:余力(ヨリキ)